CoderDojo Owari とは

CoderDojo Owari は世界で広がっている CoderDojo の活動に賛成したメンバーにより発足したボランティアグループで、2017年4月より愛知県岩倉市を中心に、毎月 CoderDojo を開催します。

このページでは、CoderDojo Owari のなりたちを紹介します。

 

CoderDojo とは

CoderDojo とは学校のように、先生が生徒に教材を与えて、知識を詰め込むということはしません。

子どもが自発的にプログラミングを、学び、使い、発表するという機会を与えるために生まれたプログラミング道場です。

対象は7歳から17歳の子どもです。

 

CoderDojo のメンバー

プログラミング道場に参加する子どもを Ninja (ニンジャ) と呼びます。

ニンジャのサポートを行う大人たちを Mentor (メンター / 指導者) と呼びます。

そして、プログラミング道場を主催している人を Champion (チャンピオン) と呼びます。

CoderDojo Owari では、CoderDojo の仕組みに加えて、サポーターとスポンサーも設けています。

サポーターとは、自分はメンター (指導者) ほどのスキルはないけれど、道場の告知、会場の申込・準備・写真撮影などの運営のお手伝いをしていただける方をいいます。

スポンサーとは、プログラミング道場にかかる会場費などの経費をサポートしてくれる個人・会社のことです。

 

CoderDojo の仕組み

ニンジャは道場がサポートできる様々なプログラミングに関するプロジェクトを自発的に取り組みます。

メンターはニンジャのプロジェクトをサポートします。

チャンピオンが、プログラミング道場の場所を提供します。

 

CoderDojo でできること

CoderDojo Owari では、子ども向けプログラミングツールを使ったアニメーション制作を行うことが出来ます。

※ 他の CoderDojo では、他にも、ホームページ制作、ロボット工作、アプリ開発、3Dモデリングのプログラムを提供しています。現在 CoderDojo Owari では、上記プログラムの開催をお手伝いしていただけるメンターを募集しています。

 

CoderDojo と CoderDojo Owari の歴史

CoderDojo のはじまり

CoderDojo とは 2011 年にアイルランドで始まった子どもたちにプログラミングの楽しさを与える環境を作ろうと始まった非営利の活動です。

時は、2011年、アイルランドで iPod Nano をハッキングして有名になった高校生 James Whelton (ジェームズ) さんがいました。有名人になった彼のところに同じ学校の高校生がプログラミングを教えてほしいとやってくるようになり、ウェブサイトの基本である HTML や CSS を教えるコンピュータークラブを立ち上げました。

そして、その活動を知った起業家で慈善事業にも力を入れている Bill Liao (ビル) さんと出会い、2人で CoderDojo をスタートすることになりました。

最初の CoderDojo は2011年7月にアイルランドのコークという地方都市で開催され、大成功を収めました。

しばらく開催すると首都ダブリンなど、遠くの地域からもわざわざ定期的に CoderDojo に足を運んでくる人たちがたくさんいることに気づいた彼らは、自分たちの CoderDojo の開催ノウハウを、オープンソースとして公開しました。

オープンソースとは、制限があるものの、その多くは無料で使いまわすことができるということです。

CoderDojo は、CoderDojo 憲章に合意し CoderDojo Foundation と契約を結んだ人であれば、誰でも CoderDojo を開催できるようになりました。

2013年、CoderDojo Foundation という非営利の団体がアイルランドで組織され、より大きく普及が進んでいます。

2017年1月現在、 CoderDojo は世界で70カ国、1200以上の Dojo が開催されているとのことです。

世界中の CoderDojo は、独立したグループとして運営されています。

CoderDojo Foundation から、CoderDojo という名前とロゴの使用を契約で許可されています。名前とロゴの使用の許可と、CoderDojo 憲章を守っているかぎり、各 Dojo は独自で体制とカリキュラムを組んで運営しています。

 

CoderDojo 日本での活動

日本 (アジア) で初めての CoderDojo は 2012年4月に東京の下北沢オープンソースカフェで始まりました。

日本の CoderDojo は、2017年2月現在、計画中のものも含めると、26都道府県に74の Dojo が開催されています。

日本での CoderDojo は、プロの教育者ではないエンジニア・プログラマー・お父さん・ママさん・学生さん・定年退職された方など、様々な方がチャンピオンやメンターとして活動しています。

 

CoderDojo Owari のなりたち

CoderDojo Owari は、小牧、常滑、岩倉、稲沢、大垣で子ども向けプログラミング教育に興味を持ったメンバーが始めよう集まって始まったグループです。

CoderDojo Owari の初代チャンピオン・メンターは7名います。

稲葉さんは、名古屋・常滑を中心に長野や東海地方でウェブサイト制作・英語翻訳・マーケティングを行う Zeroichi Works (ゼロイチワークス) で活動中。

これからはプログラミング教室が重要になると感じて、知人と何かプロジェクトを行いたいと考えました。

そして 稲葉さんが、同じウェブ業界やコワーキングオフィスという場所で知り合いだった、和田さん、安藤さん、ベンウェルさん、Sさん、Katz (カツ) さんに声をかけます。

和田さんは、稲沢在住で、商業施設の企画開発、運営支援を行う会社の取締役。

安藤さんは、小牧市でウェブサイト制作を行いながら、子ども向けロボットプログラミング教室「パソコンスクールビッツ」を運営しています。

ベンウェルさんは、名古屋で子どもたちにアクティブラーニングレッスンを教えている主婦の方です。

Katz (カツ) さんは、プログラムやホームページ制作を本業としていますが、家族は小学校〜高校までの教師であったり、岩倉市や一宮市で創業70年のそろばん学習塾、菊水学園を運営しています。日本初の CoderDojo の初代運営メンバーの一人と一緒の会社を経営しています。

この7名が集まって、CoderDojo Owari を立ち上げようということになり、岩倉で開催することに。岩倉在住のカツさんがチャンピオン(主催者)になりました。

 

CoderDojo Owari 名前の由来

当初 CoderDojo Owari の場所を、小牧、岩倉、一宮のどちらでしようか検討していたので、どこでも開催できるよう、「尾張 (Owari)」にしました。