はじめに

CoderDojo は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に168以上の道場があります (2019年5月時点)。子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。

CoderDojo尾張について

CoderDojo Owari は 愛知県岩倉市を中心に(岩倉市・一宮市・小牧市・稲沢市の子ども向けに)、CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月、岩倉市生涯学習センターでCoderDojoを開催しています。 教えることが目的の「プログラミング教室」とは違い、子どもがのびのびとプログラミングに触れることが出来る環境を無料で提供しています。

カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。取り組んでいく過程でわからないことや疑問に思ったことなどは、いつでもメンターに相談できます。

また、必ず会の終わりに発表会があります。
そこでは、その日に作った作品や、学んだことなどを思う存分に発表することができます。
素晴らしい箇所には拍手や、「すごい!」などの声があがり、やる気が上がります。
また、直した方が良い箇所や、悩んでいる所についても、メンターや他のニンジャ(参加する子ども)が一緒に考えたりしてくれます。

開催予定

毎月第1日曜日(会場の都合などにより、第2週に変更する場合があります)に岩倉市生涯学習センターで定期的に開催しています。

2019/12/01 10:00-12:00   pc_orderbutton01_Gothic.png

2020/01/05 10:00-12:00   pc_orderbutton01_Gothic.png

2020/02/16 10:00-16:00   pc_orderbutton01_Gothic.png

※ 2/16 (日) は micro:bit 特別ワークショップを開催します。

各回リンク先のConnpassから申し込みください。
続けて参加さる方も、お手数ですが毎回申し込みください。

初めてご利用される方はConnpassのアカウントの作成が必要です。こちらを参考にしてください。

Connpassの登録が難しい場合や見学などのご相談は、お問い合わせフォームからお願いします。

参加(さんか)するには

  • ほごしゃの方に Connpass よりユーザーとうろくをしてもらって、申し込んでください。
  • 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン)
  • お子さま1人に対して1アカウントがひつようです。
  • CoderDojo では、こどものメンバーを Ninja (ニンジャ) と呼びます。
  • ほごしゃ:小学生のお子さまは保護者 (ほごしゃ) のひとといっしょにきてください。

参加費

無料です。

開催場所

岩倉市生涯学習センター

(隣接する駐車場(サクランド岩倉)をご利用の場合、入庫から2時間まで無料の割引サービスがあります。)

持ちもの

  • 無線LAN につなぐことができるノートパソコンやタブレット
    • 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています)
    • スマートホンだけでは参加できません。タブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。
    • 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。
  • 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください
  • Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください
  • [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日)

CoderDojo Owari でできること

CoderDojo Owari では次のコースを行っています。何をしたいか決まらないお子さんは、メンター(指導者)が一緒に何をするか考えますのでご安心ください。

  • Code.org : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。
  • Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。
  • micro:bit:子ども向けに作られたマイコンボード。いろいろなデバイスをつなげてロボットプログラミングをすることができます。
  • HaloCode: Makeblock社のWifi内蔵シングルボードです。
  • Viscuit: お絵かき感覚で小学校低学年からプログラミングが楽しめるビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。

Scratchについて

scratch_image.pngマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。

NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html

micro:bitについて

microbit.png

micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。
https://microbit.org/ja/guide/
あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。
micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。

活動報告

活動報告は、Facebookにて行っております。TwitterLINE​ もやっています。​​​​​​​​​​​

お断り

  • ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。
  • CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。
  • 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします
  • もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。

スポンサーや寄付のお願い

CoderDojo尾張では、無料で運営するためにスポンサーや寄付を受けつけています。

  • 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円)
  • 団体・法人: 1口1万円/年

団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。

寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費などに使われます。無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。


CoderDojo尾張のメンバー

メンバーは、CoderDojoの理念に共感したボランティアで運営しています。

メンターのブログはこちら(◆準備中です)

メンターのScratch作品プロジェクトはこちら

チャンピオン

Katz(カツ) さん

CoderDojo 尾張のチャンピオン。Web サイトを運用するソフトウエアの日本法人の役員をしています。実家は菊水学園というそろばん・習字・学習塾を運営。奥さんはフリーの Web デザイナー。家族一同、プログラミングと子どもの教育に関わった仕事をしています。

メンター

たぬま さん

自動車関連企業でシステムエンジニアをしています。学生時代は6年間、塾講師アルバイトをしていました。妻も学習塾で子どもたち相手に働いています。

メンター

つかもと さん

通りすがりのシステムエンジニア。主にJava、PHPなど、Web系システムのプロフェッショナルです。ニンジャと同じ目線で一緒に考えることを大切にしています。

メンター

ばん さん

お年寄りや、体の不自由な人の支援をしています。介護福祉士・ケアマネジャー。対人援助職の経験を活かして、これから始めたい、という子たちにも安心してもらえるよう心がけています。(プログラミング経験はExcel VBA)

メンター

よよ さん

webデザイナーをしています。今のお仕事をする前はシステムエンジニアをしていました。
アニメを作っていたこともあるってほんと?!画像作成の手助けも含め、プログラミングだけでなくニンジャが作りたいものを再現できるようサポートします。

メンター

いとう さん

普段は産業機械の制御ソフトを作っています。
遠い昔にプログラミングを教えたりWeb系のお仕事をしたりしていました。
よろしくお願いします!

メンター

かとう さん

小学生の頃は、プラモデル作りに夢中になり、その後アマチュア無線を楽しんでいました。会社に入社してから、30年以上オンラインシステムの開発、運用に従事しました。退職をして今は小学生の孫とロボットを作ったり、星を見たりして遊んでいます。

メンター

と~る さん

Iokwe aolep! マーシャル諸島共和国Loveなネットワーク・インフラエンジニア。最近micro:bitをイジリ始めました。技術は持っていてもアイデアが乏しいためニンジャから学び中。一緒に学んでいきましょう。

メンター

まつすえさん

高校教員をしています。ものづくりと旅が好きで、次は何をしようかなと楽しむことを常に考えています。レザークラフトやバイクいじりをしたり、学生の頃はバックパック背負ってタイやラオスを巡ったりしてました。

メンター・サポーター募集

CoderDojo Owari では、プログラミング道場運営をサポートしていただけるボランティア (メンター、サポーター) を募集しています。継続的な活動を続けれるよう、ご参加をお願いします。

メンター・サポーター募集

SNSアカウント

CoderDojo Owari では各 SNS アカウントを運営中。Dojo のお知らせを投稿します。新しいイベントの公開、悪天候時のお知らせなどを投稿しますので、是非、フォローしてください。

お知らせ

#
MakeblockのHaloCodeを使ってみました。真ん中にはスイッチがあり、それを12個のフルカラーLEDが囲むように配置されています。四隅には4つのIO端子があります。
#
夏休みの自由研究、何をしたらよいか悩みませんか?一足先に、プログラミングとはなんのか、勉強して、夏休みの自由研究で発表してみてはいかがでしょう。
#
2019年4月より、小学校低学年からタブレットなどを使って楽しめるビジュアルプログラミングツール Viscuit をはじめました。5月のPC貸出と、6月の予定変更のお知らせもあります。

お問い合わせ

CoderDojo尾張についてのよくある質問をまとめています。

よくある質問(FAQ)

よくある質問で解決しない場合やお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちらから